おむつ

機能を備えた紙おむつは、手軽で育児の強い味方です。

一方、昔ながらの布おむつは、エコでごみが増えません。


どちらを利用しても構いませんが、

産後の体は、完全に回復しきっておらず、

睡眠が不規則になりがちです。

私はなるべく負担をかけないようにと、最初は紙おむつを準備しました。


紙おむつもサイズがたくさんあります。

新生児用、S、M、Lとあるので、新生児用を準備しましょう。


メーカーによって大きさや厚さが異なりますが、

どのメーカーの紙おむつも高機能なので、

私は特売やポイントカードなどを利用しながら

お買い得なものを選んでいます。


おむつ交換は1日に10~12回、多いときには15回も行いました。

おむつ1パックで1週間程度の量というのが目安になりますね。

ただ、紙おむつは使い捨てなので、

ごみが増えることや、経済的に負担があることがネックです。

赤ちゃんを抱いて、買いに行かなければならない手間もありますよね。

私もそれが気になっていました。


生後4か月頃、赤ちゃんの睡眠が夜にまとまってきた段階で、

昼間や家で過ごすときは布おむつを、お風呂に入った後は紙おむつをというように

紙おむつ布おむつを併用することにしました。


布おむつは洗う手間、洗ったものをアイロンがけする手間はありますが、

どちらも一日一回ずつなので、覚悟していたほどの苦労はありません。


ただ、汚れた布おむつをすぐに事前洗いするのは

赤ちゃんがぐずっている時は後回しになりがちなのですけどね。


紙おむつと布おむつは、使い分けることでデメリットを半減させられると思います。

うまく使い分けて、浮いたお金を有効に使って、ぜひ育児を楽しんでくださいね。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ベビー肌着
赤ちゃんが一番はじめに袖を通すのは、ベビー肌着です。 ベビー用品店では、サイズも......
哺乳瓶
母乳育児をおすすめする産院がほとんどですが、 私は初めて出産される妊婦さんは、 ......
哺乳瓶洗いブラシと哺乳瓶洗い洗剤
ご家庭に水筒やお茶ボトルを洗うための 長い柄がついたブラシをお持ちの方もいるとは......
ベビーバス
ベビー用品店にはベビーバスも種類が豊富です。 頭部分に枕がついているもの、ガーゼ......
お風呂グッズ
赤ちゃんの入浴には、 ・全身シャンプー ・ガーゼ ・ベビーめん棒 ・バスタオル ......
ベビー用つめきり
え?出産前に準備しておいた方がいいの?!と思うかもしれませんが、 赤ちゃんの爪は......
バスタオル
自宅で毎日使っているバスタオル、皆さん何枚くらいお持ちですか? 赤ちゃんをお風呂......
授乳クッション
ベビー用品店では、丸いU字型に成型されたクッションが売っています。 これは授乳の......
おしりふき
赤ちゃんのおむつ替えの時に、おしりふきは必ず必要ですよね。 ガーゼをお湯で湿らせ......

▲このページのトップへ