ベビーベッド

赤ちゃんが生まれるから、ベビーベッドを買わなくちゃ!と思い、

私が一番最初に買ったのがベビーベッドでした。


広告の特売で買ったので、お値段はベビーベッドの中でも格安で手に入ったのですが、

あまり活躍できていません。


理由は、

・赤ちゃんは、日中はベッドが置いてある部屋とは違う部屋で過ごしている。

・寝かしつけや夜中の授乳のとき、添い寝の方が楽。

の2つです。


一人目の赤ちゃんの場合は、ベビーベッドは買わずに、

大人と一緒の布団で一緒に寝る

(もしくは、隣に赤ちゃん用の布団をひいて寝る)

ので十分です。


必要な場合として考えられるのは、

・二人目の赤ちゃんで、一人目のお子さんがいたずらをすると予想される

・ペットを飼っている

・赤ちゃんをベビーベッドで寝かすのが夢だった

などでしょう。

普段使う機会が少ないですが、あってよかったなと思ったときもあります。

それは、お掃除の時に赤ちゃんを寝ころばせておくときです。

部屋から部屋へお掃除をする時は、赤ちゃんが一人になってしまいます。

ベビーベッドだと赤ちゃんが動く範囲も限られるし、

周りになにも置かなければ誤飲も防げるので、よく使っています。


バウンサーでも、お掃除の時はもちろん代用できます。

しかし、6か月ごろになると寝がえりをしたり、

体を動かしたりすることが増えてきました。


赤ちゃんをバウンサーのシートベルトで固定すると、

動きが取れなくて嫌がることもあります。

その時は、長い時間は置いておけなくなってきました。


ベビーベッドは柵が付いているので、体を固定しません。

バウンサーよりは自由に動けるため、ベッドでひとりで遊んでいます。

時間のかかるお掃除の時には特に重宝しています。


フローリングの上に敷いているマットの上では

ほこりが気になるんですよね。

ベビーベッドの上はきれいなのに、

そのすぐ下の床は結構ほこりがたまっていることが度々あります。

失敗したベビー用品とはいえ、

使い方を工夫して、もっと活用したいベビー用品でもあります。

この記事のタグ

サイト内関連記事

母乳パッド
母乳育児の場合、母乳漏れを防ぐアイテムとして 母乳パッドがあります。 私は母乳パ......
紙おむつ専用ごみ箱
紙おむつの処理に便利なベビー用品として、 紙おむつ専用ごみ箱があります。 これは......
新生児用くつした
手のひらにチョコンと乗るくらい小さな、新生児用くつした。 ファーストシューズとし......

▲このページのトップへ