チャイルドシート

平成12年4月1日に改正道路交通法が施行されました。


改正内容は、次の通りです。


「自動車の運転者は、6歳未満の幼児を乗車させる場合には、

一定の免除事由に該当する場合を除き、

その幼児にチャイルドシートを使用させなければならない。」

施行から随分経ちますので、

チャイルドシートの義務化は、認知度が高いことと思います。

車を持っている方は、お出かけには必須となるベビー用品なので、

どのメーカーのものが合いそうか、下見に行かれた方も多いのではないでしょうか。


私がチャイルドシートを準備したのは、出産後です。

里帰り出産で、実家では車を持っておらず、

退院時は電車を利用したので、里帰り先から戻ってからゆっくり購入することにしました。


里帰り出産でも、病院の行き来が車の方は、

退院時はチャイルドシートが必要ですよね。

購入してご自分の車に付け替えることが難しいようなら、

レンタルという手がありますよ。

1ヵ月だけレンタルという、

短期の契約ができるレンタル店を探して利用するのもいいですね。


チャイルドシートの購入の際には、

車に取り付けができる商品かどうか、必ず確認しましょう。

取り付けられる座席にも、車種によって違いがあります。

購入した後に、自分の車には取り付けられなかったという事がありませんように!


チャイルドシートにも、商品によって、

使える期間が異なります。

赤ちゃんの体重や月齢が利用可能な期間の基準となっています。


私の先輩ママの話では、

シートから取り外して、ベビーカーと合体できるタイプのものは、

ベビーカーと兼用できるので、

車でのおでかけには荷物が少なくなるので便利だったと話していましたよ。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ベビーカー
ベビー用品の花形的存在は、存在感抜群のベビーカーですよね。 おなかの中の赤ちゃん......
布おむつ用ライナー
生後3か月間は、私は紙おむつのみを使いました。 布おむつは、 紙おむつが買いに行......
バウンサー
日中の赤ちゃんのねんねの場所は、 ママが家事をしていても目につくところになると思......
馬油(バーユ)
赤ちゃんはよく顔や耳をひっかきますよね。 かさつきの原因になりますし、 ひどくな......

▲このページのトップへ